So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

地形によって予測より高い波も 気象庁HPに津波情報(産経新聞)

 南米チリで発生した地震で、気象庁は28日午前9時33分、青森県太平洋沿岸と岩手県、宮城県に対し、高いところで3メートル以上の津波が予想される大津波警報を、そのほかの太平洋沿岸全域などに津波警報を出した。

 気象庁では「津波に対する心得」として、次のポイントを挙げている。

 ・地震を感じなくても、津波警報が発表されたときには、直ちに海浜から離れ、急いで安全な場所に避難する

 ・正しい情報をラジオ、テレビ、広報車などを通じて入手する

 ・津波注意報でも、海水浴や磯釣りは危険なので行わない

 ・津波は繰り返し襲ってくるので警報、注意報解除まで気をゆるめない

 今回はさらに、遠方から津波が到達するため、さまざまな不安定要因や地形的要因が重なり、気象庁発表の予測される波の高さよりも高い波になる可能性もあるとして、早期の避難や十分な警戒を呼びかけている。

 気象庁では警報発令を受け、ホームページ(http://www.jma.go.jp/jma/index.html)に津波関連情報コーナーを設置し、利用を呼びかけている。

【関連記事】
着のみ着のまま高台へ…緊迫の避難現場、岩手・山田町
津波警戒で倉科カナ一日警察署長中止 徳島
予想される津波、高いところでは3メートルも 大津波警報・注意報が出た地域一覧
大津波、高さ2メートルで木造家屋全面破壊
静岡市も5万4837世帯に避難勧告 大津波警報で

可能部分は地方移管=ハローワーク取り扱い−総務相(時事通信)
官房長官、調査捕鯨「提訴されるような問題ではない」(産経新聞)
UR業務見直しで検討会=23日に初会合−国交省(時事通信)
<五輪フィギュア>高橋銅メダル、最高視聴率27%に(毎日新聞)
関東の水俣病未認定患者が提訴=国などに賠償請求−東京地裁(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。