So-net無料ブログ作成
検索選択

強姦致傷被告に懲役21年、裁判員「涙が出た」(読売新聞)

 計8人の女性を暴行したとして、強姦(ごうかん)致傷罪などに問われた埼玉県入間市鍵山、無職松田隆史被告(25)の裁判員裁判の判決が29日、さいたま地裁であった。

 中谷雄二郎裁判長は「犯行は10年にわたり、根深く、常習性も明らか」とし、懲役21年(求刑・懲役25年)の実刑判決を言い渡した。

 判決によると、松田被告は、高校1年だった2000年4月から09年5月までの間、入間市の茶畑や路上などで、当時15〜24歳の女性8人に対し、強姦致傷2件、強姦4件、強姦未遂2件を起こした。判決で中谷裁判長は、「刑務所で性犯罪処遇プログラムを受けても、再犯の可能性を否定しきれない」と述べた。

 公判では、さいたま地裁の裁判員裁判で初めて、被害者参加制度が利用され、代理人弁護士が求刑の意見を述べるなどした。判決後、記者会見した裁判員経験者の60歳代男性は「被害者の実際の気持ちを聞き、涙が出た。ただ、流されないように気をつけた」と話した。

大麻所持容疑で教頭逮捕 49歳エリート教頭なぜ(産経新聞)
一部保有のホテル、資産報告書に不記載…小沢氏(読売新聞)
【日本の議論】永住外国人が急増する背景とその実態(産経新聞)
赤字病院の割合、4年ぶり7割下回る―公私連調査(医療介護CBニュース)
<北沢防衛相>自衛隊機を民間転用 検討会発足へ(毎日新聞)

10人の原爆症申請却下取り消し=甲状腺機能高進症を初認定−東京地裁(時事通信)

 被爆者援護法に基づく原爆症の認定申請を国が却下したのは違法として、東京都に住む被爆者らが国に処分取り消しを求めた訴訟の判決で、東京地裁は30日、甲状腺機能高進症の患者を初めて原爆症と認めるなど、新たに10人について国の却下処分を取り消した。
 八木一洋裁判長は、甲状腺機能低下症が既に原爆症として認定されている以上、共通性のある甲状腺機能高進症について別の判断をすべきではないとした。 

【関連ニュース
〔終戦特集〕太平洋戦争の歴史を振り返る
原爆症申請却下を取り消し=長崎入市の女性
原告側4人が上告断念=原爆症愛知訴訟
「被爆ザクラ」の苗木、盗まれる=平和記念公園、高さ1メートル
原爆症新たに1人認定=救済法成立後初の判決

<福島党首>国会同意人事案に署名「反対だがやむをえない」(毎日新聞)
魁皇に総理大臣顕彰(時事通信)
官民の人事交流を促進=鳩山首相(時事通信)
アナウンサー直伝講義術、京大教員にDVD(読売新聞)
<窃盗>国重文の仏像、大阪の寺から盗まれる(毎日新聞)

阿久根市長つかみ合い「今後も議会に出ぬ」とも(読売新聞)

 マスコミが議場にいるとして市議会への出席を拒否している鹿児島県阿久根市の竹原信一市長(51)は29日夜、反市長派市議が市内で開いた議会報告会に姿を見せ、「今後も議会には出席しない」と宣言。

 「反市長派には市政運営に参加させない」とも挑発し、辞職を迫った市議とつかみ合いの騒ぎとなった。

 報告会は、反市長派の12議員でつくる勉強会が主催し、市民約70人が参加した。市長も来場し、「(議員が)うそを言わないか監視しに来た」と答えると、報道陣を携帯電話カメラで撮影するなどした。

 市議が市長の出席拒否で予算案審議が打ち切られたことなどを説明し、質問を募ると、市長が挙手して「市民には市政のことは何も知らされていない」と持論を展開。「不信任のままの議会には出席しない」などと言い放ったため、参加者の男性が「早よ辞め」と叫び、市議らがマイクを奪おうと詰め寄った。

 さらに終了後、市議の一人が「辞職すべきだ」と市長を諭すと、市長が市議の首に手を回してつかみ合いとなり、市民に制止される事態となった。

路チュー中井氏「危機管理問題ない」(スポーツ報知)
<北教組事件>党内外から「小林氏辞職を」 本人は否定(毎日新聞)
<未成年後見人>「分析したい」長妻厚労相(毎日新聞)
仕分け可能性の高い公益法人、来週にも選定―枝野担当相(医療介護CBニュース)
【こども】小学生にも「薬物教育」(産経新聞)

青森沖の刺し網漁で転落?父子捜索打ち切り(読売新聞)

 青森県大間町の大間崎沖で19日、刺し網漁船「第十一喜保丸」に乗っていた大久保龍夫さん(43)と父の公彦さん(74)が海に転落したとみられる事故で、青森海上保安部は21日も捜索を実施したが見つからず、同日で捜索を打ち切った。

 東通村沖合の津軽海峡まで範囲を広げたが、手がかりは見つからなかった。

森田さん、桜開花予想的中のはずが目前で散る(スポーツ報知)
特定看護師創設、「今後を注視」―日医(医療介護CBニュース)
「氷山の一角、全容解明を」=肩代わり「密約」経緯そらんじ−西山氏(時事通信)
デミ・ムーアがツイッターで自殺志願の青年を救助(スポーツ報知)
<JR不採用>和解金550万円減額 前原国交相は評価(毎日新聞)

授業のランニング中に倒れた女子生徒が死亡、大阪市立咲くやこの花高校(産経新聞)

 大阪市立咲くやこの花高校(大阪市此花区)は17日、総合学科2年生の女子生徒(17)が5日の保健体育の補習授業でランニング中に倒れ、17日に死亡したと発表した。死因は重症の不整脈という。

 同校によると、女子生徒は5日午前9時半前、学校敷地内の1周約500メートルのコースを走り始めた。約5分後、弁当配達業者が玄関付近で倒れている女子生徒を発見。養護教諭が心臓マッサージやAED(自動体外式除細動器)を使用したが意識は戻らず、救急車で病院に搬送された。

 補習授業は、3キロの持久走を設定タイム内で走れなかった生徒が対象で、保健体育科の30代の女性教諭が監督していた。女子生徒は1周目を走った後、教諭の問いかけに返事をしたが、2周目の途中で倒れたという。倒れていた場所は教諭から死角になっていた。

 女子生徒は、3日に他の生徒5人と補習授業を受ける予定だったが、体調不良を訴え、5日に1人で走っていた。同校によると、持病はなく、2月の耐寒マラソンでは7キロを完走した。

 前川聖樹校長は「重大な事故が発生し、誠に申し訳ない。今後は教諭の目の届く範囲を走らせるようにし、再発防止に努めたい」と謝罪した。

【関連記事】
女子生徒が校舎から飛び降りか 兵庫の高校
調理実習授業で引火、女児が背中に大やけど 堺の小学校
ストーブ消し異臭、児童13人搬送 埼玉・川越の小学校
名古屋の中学トイレでぼや 生徒30人が体調不良訴え
兵庫県西宮市の大手前大で26人が異常訴える 学生が催涙スプレー噴射か

初舞台も大物っぽい、穂のかと、“ベイビーフェイス封印”の森山未來がただいま熱演中『カフカの「変身」』
神戸連続児童殺傷、元少年から謝罪の手紙(読売新聞)
高校無償化法案が審議入り=4月から施行へ−参院(時事通信)
中大兄皇子と鎌足が出会った「槻の樹の広場」一部か、奈良・飛鳥寺西方遺跡(産経新聞)
【あれから、15年 地下鉄サリン事件】(1)今も消えぬ悪夢(産経新聞)

2か月女児を揺さぶり殺害、容疑の母親逮捕(読売新聞)

 生後2か月の女児を強く揺さぶって頭部に重傷を負わせ殺害したとして、大阪府警捜査1課と西堺署は16日、母親の堺市中区深井水池町、無職武中明日香容疑者(24)を殺人容疑で逮捕した。

 武中容疑者を認めているという。

 発表によると、武中容疑者は1月25日午後8時20分頃、自宅で泣きやまない女児に腹を立て、抱き上げて前後に強く揺さぶるなどの暴行を加え、脳に損傷を負わせて殺害した疑い。

生方氏解任は強権的=自民総裁(時事通信)
岡田外相がゲーツ米国防長官と会談へ(産経新聞)
<たまゆら火災>彩経会のNPO法人認証取り消し 群馬県(毎日新聞)
<未成年者略取>2歳児連れ去り…12時間後に保護 東京(毎日新聞)
「日本庭園」の景観復活へ 大阪万博40年 草木伸び放題、伐採視野(産経新聞)

「プライドのため命利用」と非難=秋葉原殺傷公判で被害者−東京地裁(時事通信)

 東京秋葉原で2008年6月、17人を無差別に殺傷したとして、殺人罪などに問われた元派遣社員加藤智大被告(27)の第5回公判が11日、東京地裁(村山浩昭裁判長)であり、被害者の30代女性が出廷、「被告は誰でも構わなかったかもしれないが、被害者には一方的な暴力。プライドを守るために命を利用したことを分かってほしい」と訴えた。
 女性はナイフで腹部を刺され、腎臓を摘出する重傷を負った。「感情に夢中になって自分と向き合っていない。言葉を聞いてほしいとか受け入れてほしいとか、自分のことばかり」と加藤被告を非難。一方、公判を毎回傍聴し、被告からの謝罪文に返事を出したことも明らかにし、「被害者のことを知ってほしい」と話した。 

【関連ニュース
被害者「生涯最悪の日」=秋葉原殺傷公判
目撃者「気分悪くなった」=絵で現場を説明
「目標は100人くらい」=加藤被告、掲示板に書き込み
犯行後の検証写真など示す=秋葉原無差別殺傷
「誰かに止めてほしかった」=返事なく、犯行実行

B型肝炎訴訟で和解勧告=全国初、国側は難色−札幌地裁(時事通信)
<潮風号>今季もスタート 北九州・門司港(毎日新聞)
橋下知事、朝鮮学校に「公金は出さない」(読売新聞)
サリドマイド奇形 メカニズムを解明 東工大など(産経新聞)
覚せい剤譲渡、派遣社員男性に無罪判決(読売新聞)

北日本中心、11日明け方にかけ強風・大雪か(読売新聞)

 三陸沖で急速に発達している低気圧の影響で、北日本を中心に11日明け方にかけて風が非常に強く吹き、大雪となる見込みとなっている。

 気象庁によると、低気圧が進むのに伴い、北日本の大雪は次第に北海道のオホーツク海側が中心となり、11日昼過ぎにかけて続くとみられる。

 また山口県でも11日未明にかけてさらに20センチ程度の雪が降るところがある見込み。

 11日午後6時までに予想される降雪量は、いずれも多いところで、北海道、北陸の各地方で40センチ、長野群馬岐阜の各県と近畿北部で30センチ。

 また全国的に風が強まり、特に北海道の太平洋側と北陸地方では11日明け方にかけて雪を伴って風が非常に強く吹き、また伊豆諸島でも11日未明にかけて風が非常に強く吹き、海は大しけになると予想される。

気候変動報告書に捏造疑惑 信頼回復が急務(産経新聞)
【from Editor】世紀を超えるエネルギー(産経新聞)
桑名市課長を逮捕=4000万円詐取容疑−愛知県警(時事通信)
無利子預金の存在を確認=運用益、米に提供可能性−沖縄密約(時事通信)
<普天間移設>沖縄県、超党派で初の県民大会開催へ(毎日新聞)

<診療報酬詐取>元院長に懲役6年6月判決…地裁沼津支部(毎日新聞)

 静岡地裁沼津支部(片山隆夫裁判長)は10日、静岡県東伊豆町の静和病院を巡る診療報酬詐取事件で詐欺罪に問われた元院長、吉田晃被告(71)に懲役6年6月(求刑・懲役7年)の判決を言い渡した。また、詐欺罪と健康保険法違反罪に問われた元病院事務長、水谷信子被告(75)に懲役5年6月(求刑・懲役6年)を言い渡した。両被告は詐欺罪について無罪を主張していた。

 判決によると両被告は06年4月、一般病棟の入院基本料に関する届け出書に看護職員数を実際より多く記載するなどして静岡社会保険事務局(当時)に提出。診療報酬の審査支払機関に虚偽の請求をして、診療報酬計約8700万円を詐取した。【田口雅士】

【関連ニュース
桑名市:課長を逮捕 指名業者から4000万円詐取容疑
詐欺容疑:ETC車種登録偽り、観光バス運行 千葉
詐欺容疑:社から1千万円、佐川急便元係長を逮捕 警視庁
バルチックカレー:運営会社に賠償命令 資金詐取を認定
内職教材商法:詐欺容疑で元社長ら逮捕 千葉県警

<キャメロン監督>原爆「映画化の意思変わらず」(毎日新聞)
愛称決めて JR東「はやて」後継「E5系」(河北新報)
医療チーム派遣を延期=チリの受け入れ整わず(時事通信)
ダンス 世界のトップが競演、観客うっとり 東京体育館で(毎日新聞)
北・イランの核問題で連携=米国務副長官と会談−岡田外相(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。